教育研修会公示'17.8.17更新
平成29年11月
 

(S)(R)(SS)(Re)日本臨床バイオメカニクス学会(第44回)
(1)三浦 裕正
(2)平成29年11月24日(金)~平成29年11月25日(土) 09:00~16:00
(3)松山市総合コミュニティセンター(愛媛県), 1200名
(4)
1.
バイオメカニクスによる運動器診断装置の提案(H-GaitとEMG-CT)  [1][13]
北海道大学名誉教授 
但野 茂

2.
前十字靭帯の解剖とバイオメカニクス -回旋制動性を得るための至適条件に基づいた解剖学的遺残組織温存2重束再建術-  [2][12] S
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科運動器外科学准教授 
古賀 英之


後十字靭帯の解剖とバイオメカニクス
岩手医科大学医学部整形外科学講座講師 
田島 吾郎

3.
人工膝関節の動態と臨床成績:デザインと手技の影響  [1][12] R
東京女子医科大学整形外科学教室教授 
岡崎 賢

4.
腱・靭帯付着部症 -形態からバイオメカニクスを考える-  [2][13] S
早稲田大学スポーツ科学学術院教授 
熊井 司

5.
骨粗鬆症患者における人工股関節置換術後の大腿骨近位部に対する薬剤の影響  [4][11] R
札幌医科大学医学部生体工学運動器治療開発講座特任教授 
名越 智

6.
コンピュータを用いたバイオメカニクス解析  [1][12] Re
大分大学医学部整形外科教授 
津村 弘

7.
Knee Navigation:使い古されたシステムか?ーUKA HTO Navigationー  [1][12]
東京大学医学部付属病院整形外科・脊椎外科特任講師 
乾 洋


Knee Navigation:使い古されたシステムか?ーTKA Navigationー
神戸海星病院整形外科部長 
石田 一成

8.
歩行の計算バイオメカニクス ーモデルベースドで考えるー  [1][13]
大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻生体工学領域教授 
田中 正夫

9.
運動器疾患に対する先端動作解析  [7][8] SS
秋田大学大学院医学系研究科医学専攻機能展開医学系整形外科学講座教授 
島田 洋一

10.
TKAの目標アライメント2017  [12][13] Re
慶應義塾大学医学部整形外科学教室講師 
二木 康夫

11.
股関節バイオメカニクスにおけるニーズとシーズ  [1][11] R
大阪大学大学院医学系研究科運動器医工学治療学寄附講座講師 
高尾 正樹

12.
整形外科治療におけるテリパラチドの有用性  [4][12] R
香川大学医学部整形外科准教授 
真柴 賛

13.
内側側副靭帯の解剖とバイオメカニクス  [2][12] S
亀田メディカルセンタースポーツ医学科医長 
加藤 有紀


後外側支持機構の解剖とバイオメカニクス
三条整形外科スポーツクリニック院長 
宮武 慎
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12)

2演題1単位 (演題2),(演題7),(演題13)
 1日最高4単位、2日以上で6単位まで取得可
(6)1単位1,000円
(7)吉良 史枝
〒791-0295 愛媛県東温市志津川
愛媛大学大学院医学系研究科整形外科
(089-960-5343)
(8)認定番号17-2176,  29.6.16受付
当月研修会一覧へ戻る